2017年3月7日火曜日

涙の決意

昨夜のこと。

今週の土曜は組分けテストと言う大事なテストがある。
クラスは成績順で決まるので、上に行くほどレベルの高い問題を解くことになるし、周りもできる子たちだからいい刺激にもなる。


で、模擬テストみたいな算数の問題が宿題で出されたので、昨日ゆうはそれに取り組んでいた。
しばらくすると

「できた!でも分かんないとこもあるけど。
ママ、教えて」

という。
見ると前にも教えたことがある問題。明らかに考えようとしていない。

私 「ちゃんと考えた?」
ゆう 「考えた」
私 「でもこれ前にもやったよね。もう少し考えてごらん」
ゆう 「もう考えた。無理」

って押し問答したけど全くやる気がない。
ここのところこういうことが多い。こんな根性じゃこの先3年間無理だと思い、

「こんな簡単に諦めたり、自分で考えようとしないんじゃ、受験は無理。
やめよう。時間とお金の無駄」

とキッパリ言ってみた。


するとゆう、私の本気を感じたらしく泣き始めた。
「泣いたってしょうがない。もうやめよう。」とまたも私がキッパリ。

すると、

「やだ!!!絶対にやる!
絶対受験して◯◯中に受かってやる!!!!」

と言う。

そこからは「絶対にやる」の一点張り。
どうしても受験したい、そのためなら毎日何時間でもやるとのこと。


そこまでやりたいのね。
私も覚悟が決まってなかったな。ちゃんと向き合って一緒にやってやらなくちゃ。



夜ののんびり晩酌タイムはしばらくおあずけなのかな・・・(T_T)



0 件のコメント:

コメントを投稿