2017年2月5日日曜日

まずは準備矯正

年末にやったゆうの歯列矯正の検査結果を聞きに行ってきた。

1時間程度見てください、お母様だけで大丈夫ですと言われて、検査結果聞くのに1時間?と思いながら私一人で行ったんだけど、納得。


先生、脱線しすぎ。



ゆうの治療は、まず狭い顎を横に広げて永久歯への生え変わりが終わったら本格矯正をするというもの。
顎を広げることで抜歯しないで済むという。

でも抜歯する矯正って一般的なのに、抜歯しないってどういうメリットがあるんだろ?
それを最初に質問すると、先生、講演用の資料まで持ち出してそれはもう丁寧に説明してくれた。

いいんだけどさ、そんな時間あるのかなって思ったの。
そしたら案の定、「いけない、ここにそんなに時間をとるわけには・・」と言って本題へ。

先生の話をまとめると、・顎を広げる=気道が広がるので空気の入りがよくなる、・高齢になってから歯は多い方がいい ということみたい。

さらに、なぜか福島第一原発の話やらギリギリ津波が来なかった辺りに神社が多いとか、
脱線しまくること1時間。


要するに、まずは歯磨きトレーニング→顎を拡大→永久歯が生えやすいよう装置をつけて矯正って流れだそう。ここまででゆうは5年、6年生くらいになって、あとは永久歯になるまで経過観察する。

気になるお値段は準備矯正で税込み約40万ほど。
覚悟してたよりやすーい!よかった~ε-(´∀`*)ホッ
といっても、本格矯正になったらまたかかるんだけどさ。。。

これからながーい矯正生活が始まる。
ゆう、ママも一緒にがんばるよ!


0 件のコメント:

コメントを投稿