2017年7月28日金曜日

神津島レポート! ~海水浴編~

2年連続で式根島に行っていたので、今年は一つ南に下った神津島へ行ってきたー!
今年も幼稚園からの仲良し家族と一緒。

大満足の神津島旅行記、まずは海水浴のレポートから(^^)


沢尻海岸

朝9時頃に船で到着して民宿で着替えると、すぐに沢尻湾にあるビーチへ!
小さくてこじんまりしたビーチでBBQができそうな調理場もあったし、トイレ・水シャワーもあった。


さー泳ぐぞー!って意気込んだんだけど、何か違う。
透明度はそこそこあるしフグは泳いでるんだけど、ゴミが浮いてたり砂が舞い上がってきれいに見えない(T_T)

なるほど、空いてるわけだ。
こりゃだめだ、次行こうとすぐに見切りをつけて、さっさとテントをたたんだ。

赤崎遊歩道

沢尻海岸の隣にある長浜海岸でも良かったんだけど、早くたくさんの魚が見たい!
ってことで次は赤崎遊歩道へ。

神津港から市営のバスで15分くらい。
島の端に木でできた遊歩道があった。


こういう歩道があるだけなのでテントを張る場所はない。
上の方に荷物を置けるウッドデッキがあるので、私たちはそこに置いた。

ここの海はかなりきれい。式根島の中の浦海水浴場くらい透明度があって魚もいる。
ウツボとか、



40センチ級のフエフキダイ、 



これはなんだっけ、縦のシマシマフィッシュ、



きれいな黄色いラインが入った魚の大群などなど。




他にも色々いて見ごたえがあった。

それから赤崎の目玉は何と言っても飛び込み台!



高さはどのくらいかなあ、3メートルくらいあるのかな。
小学4年生のゆうはすごく気に入ったみたいで、他の子供達に混ざってポンポン飛んでた。

ただし!
干潮時には深さが足りなくなるので注意しないと危ない。
うちの夫も何度か飛び込んだんだけど、そのうち1度は引き潮の時間帯だったみたいで、足の親指を海底の岩に打ちつけて打撲しちゃったそうな。

一応、引き潮の時間は深さが足りなくなるから気をつけてとはあるけど、何時って書いてないから自分で調べないといけないのよね。
入り口の売店でその日の干潮の時間を書いてくれるといいな。



多幸湾

神津港から市営のバスで赤崎遊歩道とは逆方面に乗ると15分位で着く。
島の真ん中にある山を越えていく感じ。

三浦漁港の桟橋を挟んで左側がこういう感じで波がある。


桟橋の右側は湾になっていて↓、船着き場が防波堤の役目をしてるので波はほとんどない。
真ん中に滑り台があるんだけど、かなり急で怖いみたい。


子供達は左側の波が荒い方が気に入ったようで、大はしゃぎで遊んでた。
ただ波が強いせいか、海の中には大きな石がいっぱい。
足をぶつけるので要注意。


神津島で行った海はこの3つ。
シュノーケリングなら赤崎遊歩道、ビーチで波遊びなら多幸湾かな~。
バスで通っただけなんだけど、長浜海岸は岩で作ったプールがあったから、小さな子はここでもいいかもしれない。

一つ言えるのは、ゴミが時々浮いてる!
夫は赤崎でシュノーケリングしながらビール缶2本とゴミいくつかを拾ってきた。式根島はファミリー層が多いせいかゴミはほとんど見かけなかったんだよねえ。

みんながきれいな海で楽しむためにも、ゴミの持ち帰りはぜひ心がけてほしいな。


0 件のコメント:

コメントを投稿