2015年10月15日木曜日

ゆうの作文

昨日から学校公開だったので早速行ってきた!

ゆう、授業中に私を見つけると嬉しそうにニコニコと何度も振り返る。
見てもらってるのってやっぱり嬉しいんだなあ(^^)

国語の授業ではグループごとに音読の発表会の準備をしてた。
仲良く笑いながら自分の役のお面を画用紙で作ってて、毎日帰ってきて「今日も楽しかったー!」って言う理由がよく分かった。

廊下には運動会の作文が貼りだされていた。
ゆうのを読んでびっくり。思ったよりちゃんとした文章が書けてる!



「かけっこをがんばった」

ぼくは、一年生のときは、みんな早くて四いだったけど、二年生になって三いになりました。
三いになったときは、すごくうれしかったです。でもじぶんは「まだまだだ」と思っています。
なぜかというと、ぼくは一いをめざしていても、どうしてもできないからです。でも、ぼくは、まだあきらめていません。で、そのことをかぞくにはなしたら、「すごい」といってくれて、うれしかったです。
だけど来年はぜったいに一いになりたいです。



いつも何か説明する時に「あのさ、あの、なんていうかさ」って言ってるから、国語力に不安があったんだけど、そうかそうか、ちゃんと書けたか(T_T)
ママは嬉しいよ。


夕飯の時にゆうにそれを伝えたら、

「あのさ、左に絵が描いてあったでしょ?あのあたりまで書かなきゃダメって言われてさ、がんばったんだ」

とのこと。
行を埋めただけだったのね・・・_| ̄|○


次はもう少しきれいな字を書く練習をしようか。

0 件のコメント:

コメントを投稿