2012年1月9日月曜日

日本庭園

ゆうのいない休日3日目。
急に日本文化に触れたくなって、今日は六義園までお散歩に行ってきた。

ゆうがいたらもっと写真撮るんだけど、今日の被写体は主に風景。



日本庭園って落ち着くんだよね~。
日本茶飲んでもほっとするし、こういうのって日本人の遺伝子に入ってるのかなあ。




木も寒いのか腹巻きしてるのが多かった。
ずっと外にいるんだもんね~。そりゃ寒い。





このクリスマスツリーもどきの松は何だろう。
きっと寒さ対策とか理にかなったものなんだろうけど、素人には不思議。

でも、プラスチックとか使わずに縄や自然の素材を使ってるのが何だか嬉しかった。



こちらビッグ灯籠。
周りの木と変わらない高さ。何で大きいんだろう。

















日本庭園って子供はつまらないと思いがちだけど、そういえば小さい頃、家族で清澄庭園や浜離宮に遊びに行ったもんだ。
茂みの中に探検に行ったり、いかに鳥に奪われずに餌を鯉にあげるか投げ方を考えたり、すごく楽しかった思い出があるから、今度はゆうを連れてきてあげよう。

いよいよ明日はゆうが帰ってくる!
早くハグしたい~!!

2 件のコメント:

  1. お気に入りのお茶を持って出掛けたくなる所ですねえ。

     木に掛けられた腹巻は、こも巻き。冬の間、木の皮に潜って(穴を開けて)越冬しようとする害虫を、こもの中に誘導するもの(春になったら外して焼いて、中の虫も駆除する)。
     ツリーのようなものは雪囲いで、雪が木の枝に積もって木を痛めないようにするものです。
     いずれも、自然を大切にする日本人の心。
     ほっとする感情は、berryowl さんの感受性の成せる業ですね。

    返信削除
  2. Meeさんのご主人様

    有難うございます!

    お天気がよくて気持ちが良かったですよ♪
    1枚目の写真にある池には大きな鯉がたくさんいました。水温が低いせいか動きが鈍くてほとんど餌をカモに食べられちゃってましたけど、あれだけ肥えてたらしばらく食べなくても大丈夫そうです。

    これ、こも巻きって言うんですか。何だか美味しそうな響き。
    雪囲いも、東京はほとんど雪が降らないのに一応準備するんですね。

    日本の美しさは私は大好きで、この六義園も手入れが行き届いてるんですけど完璧にきれいにはしていないんですね。植木も自然らしさを残しながら無駄なところを刈ってありました。きっとそれが植木にとってもいいんでしょうね。
    次回は違う庭園に息子を連れていこうと思ってます!4歳の視点で見れるのでまた違った楽しみ方ができそうです(^^)

    返信削除