スキーキャンプ ビフォーアフター

ようやくうちの若君がスキーキャンプから帰ってきた!

ウキウキしながら仕事から帰ると、いつもは玄関に飛んでくるゆうがちっとも来ない。
リビングに入って「ゆ~う~~~~!!!」と両手を広げてハグを待ったけど、ポーカーフェイスでちょっと笑いを隠しながらチラチラと私を見るだけ。

近くまで寄って「ゆう、会いたかったよ~!おいで!!」と言っても全然来ないので、最後は泣き落とし。「えーん、ゆうがギューしてくれない~!!」と泣き真似してようやく来てくれた。

改めてゆうを見ると、表情が引き締まった気がする。
それに話していると「遅くなってごめんね」とか「貸してくれてありがとう」って感じで挨拶がしっかりした。

今までもありがとう・ごめんなさいはきちんと言う方だったけど、それが一層ちゃんとしたような。。。
やっぱり親がいない時に学ぶこともあるんだろうなあ。

何が一番楽しかった?と聞くと、「明日朝ご飯食べながら教えてあげる」んだって。
「ママが大好きだから会いたくて泣いちゃったの」なんてかわいいことも言ってたけど、これに騙されてはいけない。サマーキャンプではケロっとしてたから、多分私を喜ばそうとして言ったんじゃないかな~。小悪魔め。

スキーは楽しかったみたいで滑れるようになったそうなんだけど、今シーズンの次のキャンプに行くか聞いたら、「ううん、ゆうはサッカーも体操もスキーもやらないの」と帰宅部宣言が飛び出した。
まあいっか。



何より、ゆうの声が聞こえるのがすごくいい。
やっぱり家族は一緒が一番だ!

コメント

このブログの人気の投稿

自由研究2015 シーグラスのランプシェード

スマホケースを染めた!

自由研究!貝殻アート☆