2012年2月24日金曜日

天使級のやさしさ

今日の道


ピクニックしたい。



ご飯をたくさん食べた後なぜか腹筋を鍛えたくなって、後先考えないで腹筋やったらすっかり気持ちが悪くなった。

もうゆうは寝る支度する時間。
でも気持ち悪い。。。

気持ちが悪いよ~って言ったら、ゆうが急に真面目な顔になって「ママ、すぐ寝た方がいいよ!」と私の手を引っ張って寝室へ。
看護師??と思うほど甲斐甲斐しく、ベッドライトつけたり布団めくったりしてくれる。

でもまだゆうの寝る準備ができてない。
それで「ゆう、はみがきしなきゃ」って言ったら「今日はパパとするから大丈夫!」とのこと。

いつも絶対「ママとじゃなきゃだめ!」って言い張るのに、今日は私を気遣ってパパでガマンしてくれるのか~。何て優しいんだ。

ここまでで十分私は感動してたんだけど、ゆうの優しさはこんなもんじゃなかった。

ベッドで一緒に横になると急に起き上がって私のおなかを撫でて、「ママのおなか、ヨシヨシヨシ・・・」って。
さらに、「ママ、治った?」って言うから「うん、今のでちょっとよくなったかも」と言ったら


明日またヨシヨシしたげるからね。


ママ、ちゃんと寝るんだよ。寝ないと、お熱とか鼻水とかお咳とか、治んないからね。


分かった?」

だって。

子供の優しさってほんと沁みる~!

0 件のコメント:

コメントを投稿